任意整理のデメリットは?

任意整理のデメリットは?

任意整理のデメリットは?

自己破産や民事再生は法律で定められている手続ですから、裁判所を通して手続を行います。裁判所が関与しますから、手続に関する書類をそろえるのが面倒だというデメリットはありますが、手続通りにすれば債務を減額できる効果の確実性は高いと言えるでしょう。これに対して、任意整理は法律で定められている手続ではありませんから、どれくらいの効果が得られるのかは、それぞれのケースで異なります。

任意整理は、基本的には債権者側との話し合いによって解決する方法を指します。ですから、交渉が成功しなければ任意整理はできません。最近では応じない業者が増えていると言うことですから、成功率は低いというデメリットもあります。成功した場合でも、債権者側にメリットがある分だけ、債務者のメリットは小さくなります。

多くの場合には、将来利息のカットはできます。つまり、現在の借入金額だけを返済していけばよく、利息を支払わなくてもよいと言うことです。ここまではたいていの場合にできるのですが、民事再生のように借金の金額を大幅に減額できるかどうかは、交渉する弁護士の腕次第です。また、自己破産のようにすべての借金がなくなることはまずありません。

このように、任意整理にはデメリットがあります。自己破産や民事再生よりも任意整理の方が有利だと言われることもありますが、それはケースバイケースで、常に有利だとは限りません。このことを頭に入れた上で、できれば専門家に相談しましょう。