任意整理後、クレジットカードは使えない?

任意整理後、クレジットカードは使えない?

任意整理後、クレジットカードは使えない?

借金を一部免除してもらい、残金を原則3年間かけて返済していく任意整理をするとクレジットカードは使えなくなり、新たな借金ももちろんできなくなります。それはクレジットカードを作る時に必ずチェックされる個人信用情報機関に金融事故情報として任意整理のことが載ってしまっているからです。ですからクレジットカードだけではなく、例えばキャッシングや住宅ローンなども組むのはできないと考えておくほうが良いでしょう。任意整理をした場合、この金融事故情報の記録は約5年間という期間で削除されます。ですからこの期間を過ぎて借金も完済してしまっていればクレジットカードは使えるようにはなります。ただ注意をしなければいけないのは、せっかく借金を苦労して返済したのですからまた返済しきれないような借金を作らないように肝に銘じておくということです。またこれは毎月きちんと返済をしていった場合のことであって、もし返済を途中で1度でも滞らせてしまった時にはこの5年間で削除されるという点は変わってしまい、情報が載せられている期間が長引いてしまう可能性のほうが高いです。もしどうしてもまたキャッシングやローンなどの利用をする機会があったら、申し込みをする前に自分の信用情報機関を開示してみるようにしましょう。信用情報機関はいくつかありますので、全てを開示して確認してみるのがオススメです。これらの情報機関は全てが同時に情報を削除するわけではありません。その機関によって多少のずれがあるのです。